連載・『アート・コレクターと税制―マイ・ルール構築に向けて』第2-2回

弊所代表の山内による,『アート・コレクターと税制―マイ・ルール構築に向けて』というテーマでの連載・第2回目の続編が掲載されました。今回は「美術品の資産としての特徴」についての各論その1として,美術品の資産としての特徴を預貯金や株式などと比較考察しています。このあと,各論が続々更新されます。

noteで毎週更新(予定)です。

2018/8/21