About us

代表 公認会計士・税理士

山内真理(やまうち・まり)
Photo: Gottingham

Photo: Gottingham

1980年千葉県生まれ。一橋大学経済学部卒。当事務所代表。公認会計士・税理士。有限責任監査法人トーマツにて法定監査やIPO支援等に従事した後、2011年にアートやカルチャーを専門領域とする会計事務所を設立し、現在に至る。豊かな文化の醸成と経済活動は裏表一体、不可分なものと考え、会計・税務・財務等の専門性を生かした経営支援を通じ、文化・芸術や創造的活動を下支えするとともに、文化経営の担い手と並走するペースメーカー兼アクセラレータとなることを目指す。また、これら担い手との協働を通じ彼らの提案力を会計面からサポートし、産業とクリエイティブの融合の触媒になりたいと考えている。知財領域の法律専門家等を中心に法律的側面から文化・芸術支援の非営利活動を展開するArts and Lawの代表理事(共同代表)でもある。平成30年4月に特定非営利活動法人東京フィルメックス実行委員会の理事に就任。共著に「クリエイターの渡世術」、一部監修に「イラストレーターの仕事がわかる本」。
その他オンライン執筆記事等

淺井和也

1985年大阪府生まれ。国際基督教大学教養学部卒。公認会計士・税理士。公認会計士試験合格後、有限責任あずさ監査法人で、製薬業・レコードレーベルを中心とした法定監査に従事。その後、KPMG税理士法人で、国際税務及びM&Aアドバイザリー業務に従事。会計士受験生時代のギャラリーでのアルバイト経験をきっかけに、アートマーケットに関心を持つ。日本のアートマーケットは潜在的な成長性があると考えており、その発展に貢献していきたいという想いから当事務所に入所。個人的にも若手アーティスト作品及び北欧骨董を中心に蒐集を行っている。また、日本の伝統工芸への関心も強く金継ぎが趣味。その他、ダイビング・ファッション・音楽・ケーキが好き。現在、慶應義塾大学大学院文学研究科美学美術史学アートマネジメント専攻在学中。

淺井和也へのインタビュー記事はこちら(Wantedly)

伊沢成貴

1987年東京都生まれ。大学・大学院にて会計・税法を学ぶ。卒業後、都内会計事務所にて6年勤務。前職時に、クライアントのカルチャーの中に飛び込み、世の中にクリエイションを広めるための会計税務観点からのサポート業務を経験し、この仕事の楽しさを感じる。今後の会計事務所の役割は、過去の経済取引を示すのみならず、クライアントと並走し、未来に向けた事業デザインを共に考えることが、重要であると考えており、自らの興味関心のあるカルチャーをこの観点から支援するため、山内会計へ入所。興味関心のあるカルチャーは、ファッションと音楽。ファッションはComme des Garconsが好き。音楽はStones Throwなどのビートシーンや、ダンスミュージックが好き。ナイトクラブ・ライブハウスにもよく足を運んでいる。

伊沢成貴へのインタビュー記事はこちら(Wantedly)

中山夏子

1985年東京生まれ。青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科卒。公認会計士、一児の母。
浅草のお寺生まれ下町育ち。三社祭の花棒を担ぐチャキチャキの江戸っ子。青山学院中等部に入学し大学院まで13年間のびのび過ごす。高校生で当時最年少で某大手ネイルスクールに通い資格も取得、幼少期からの趣味が絵画工作ということもあり、アートの道を模索するも、180度正反対の公認会計士の資格取得を目指す。会計士資格取得後、有限責任監査法人トーマツのトータルサービス事業部で7年勤務。法定監査、ベンチャー上場支援(時価総額400億以上の上場も経験)を経験し、上場支援では外部向けセミナーや社内向け研修ナレーターなども担当。後半はアドバイザリー事業部も兼務し、リスクマネジメント業務も経験。大手クライアントと仕事をする中、友人や自分が諦めたアート分野で活躍する人たちなど、個人や小規模クライアントを横で並走して支えたいという思いが強くなり山内会計の門をたたく。
趣味は、カメラ、旅行、マンガ、お絵かき、ラーメン屋巡り。

飯塚祐亮

1991年神奈川県横浜市生まれ。上智大学経済学部卒。 音楽家と税理士のいる家系に育つ。大学卒業後、税理士試験受験生を経て当事務所に入所。エレクトーン奏者である母や周辺の音楽家の影響もあり、文化芸術家に対する会計的・税務的な支援の必要性を強く実感して当事務所に入所。また、古代ローマ文化についても関心を有し、パクスロマーナ時代の文化的豊かさから文明の幸福度と文化芸術の繁栄には相関性があると考えている。特技はローマ皇帝全員の暗唱。歴史、鉄道、マンガ好き。

飯塚祐亮へのインタビュー記事はこちら(Wantedly)

阿部淳子

1959年東京都生まれ。桑沢デザイン研究所卒業後、メーカーなど企業のプロダクトデザイナー、商品企画プランナーなどを経てデザイン専門学校の講師も務める。その後、縁あって会計の世界に飛び込み、複数の税理士法人や会計事務所勤務を重ね、当事務所に2020年春入所。経営者への支援を通して社会貢献ができる事に喜びを感じるこの仕事で、自分自身も愛してやまない文化・芸術を振興する業界の皆さま、クリエイターの皆さまの活動を支える事に尽力したいと望んでいる。

横町あゆみ

石川県金沢市生まれ。音楽大学、および大学院修了。地方にて大手建設コンサルの営業事務職としてプロジェクト管理等に携わる。2006年に一念発起し演奏家としてのキャリアにチャレンジすべく上京。フリーランスとして身を立てるには自ら確定申告ができるスキルが必要と感じ、日商簿記2級に一発合格。これを機に経理事務に興味を抱き、音楽活動と並行して小規模企業にて経理職のキャリアをスタートさせる。毎年確定申告シーズンに憂鬱な表情で質問してくる演奏家仲間の助けになりたいと思っていたころ、アート分野に寄り添う山内会計の存在を知り、そのビジョンに共感し門を叩く。2020年5月入所。趣味はシェイクスピアの演劇鑑賞、フラメンコ。食べることが好き。

高砂奈津子

千葉県出身。青山学院大学経営学部卒業後、外資系金融、家具販売、不動産会社、会計事務所と経歴を経て、当事務所に2020年9月に入所。当事務所の多種多様なクライアントのカルチャーに触れることができ、新しい世界を会計を通して垣間見れることを楽しみとしている。経営者を縁の下で支えていける存在でありたいと思っている。趣味は建築やインテリア、歴史のある街並みを見ること、食べることが好き。